BIOSia(ビオシア)代表、葵美幸よりご挨拶

 

IMG_4721

 

IMG_6999

はじめまして。

“背中で語る生き方をする稼げる社会起業家になる為のビジネス戦略と演出”

「愛されながら旦那より稼ぎたい人専門 成幸ビジネスディレクター」
葵 美幸(あおい みゆき)と申します。
ご訪問頂きまして誠にありがとうございます。

私は現在、起業家として成幸する為の土台となる、
ゴールの設定や、ビジネス戦略、マインドをお伝えしながら、

心を掴むキャッチフレーズや、印象に残るビジネス演出のコンサルなどをさせて頂いています。

そして、ビジネスを通じて”理想の自分自身の人生”を表現していける事をお伝えしています。

 

プチ起業、ママ起業、趣味の延長レベルでは終わりたくない、本気でビジネスを育てたい!と

志高い稼げる社会起業家を目指すコミュニティ「ままてらす」のプロジェクトメンバーとして、全国の仲間と相互支援の心で繋がりながら、イベントの企画や運営を通して、経営やマネージメントなどを学びながら実践しています。
IMG_7672

ままてらすホームページ
http://www.mama-terrace.com/

ゴールの設定の大切さ

 

c754_yoyogikouenmaenokaidan起業家として、成幸する為の土台としてとても重要です。

むしろこれが無いと、スタート出来ません。

どこに向かうの?

どうなりたいの?

最終的にどれくらい稼ぎたいの?

具体的な数字が入った目標です。

このゴールが設定されて、初めてそのゴールにたどり着く為に、どんなビジネス戦略を立てて行くのか?

というゴールからの逆算された戦略ルートの上に、今自分がちゃんと乗っているのか?の検証も大切になってきます。

特に女性は苦手な方が多いですね。私もかつては、苦手で逃げてきた部分です。

でも、それがうまくいかない大きな理由でした。

現在の私の活動は、このゴールの設定と、そのゴールへの最速ルートを選択するビジネス戦略を主にさせて頂いています。

 

 

起業家としての自立と調和

自立

自分1人の人生を自分で自立して、生きていける、好きな時に好きなだけ好きな事ができる。

遊びたい、学びたい、自己成長の為に自己投資したい。そう思った時にお金を理由に諦めることがなくなる状態。

それだけでなく、愛する旦那さんより稼げるようになり、

「あなたも好きな仕事を好きなように挑戦していいわよ!いつもありがとう!」

と、言えるようになる事を目指す。

プチ起業、ゆる起業で終わりたくない!本気で稼げるようになり、自分の人生を追求したい!
大切な家族を自分がいつでも養えるようになり、究極の理想の年収を得る事が起業家としてのスタートとして、「究極の起業家」を目指す事をコミットするマインドもサポートをさせて頂いています。

 

調和

ビジネスを成幸させていく上で、大切な家族の理解と協力は、とても大切です。公私ともに充実したい生活をする為に、仕事と家庭のバランスを取り、調和させていく事で、ビジネスも加速していくと思っています。

 

そして、苦楽を共にしてきたビジネスパートナーや仲間への愛と感謝で、人間関係を築いていく、これも大切な調和の心です。
自分の私利私欲や、目先のビジネス、ただ稼げればいいという事だけを考えるのでは無く、社会起業家としての心を持ち、目先の目標のその先にある、
「こんな世の中にしたい」という想い。
これは、「何のためにそのビジネスをしているのか?」というビジョンが大切です。

この「私的な夢」と「公的な夢」の想いの一直線に考える事が、成幸する為にとても重要なバランスだと、私はメンターから教わりました。

 

そしてこれが、私の考える『理想の生き方』になっていくと思っています。

私自身も理想を目指し私のクライアント様や仲間も共にそこを目指して欲しいと思っています。

人生に起きる「まさか!」への備えは万全ですか?

私は実は幼少期、かなり虚弱体質で病気がちした。
3歳頃からあちこちの色々な病院に通い、検査や診察、入院などが多かったです。

そして5歳で入院した時、医療ミスで一度命を落としかけました。人生がスタートしてまだ5年でその命を終える直前まで行きました。
なんとか運良くその時は回復し、退院する事ができましたが、まだまだ気が抜けない虚弱体質なのはそのまま。

闘病で家族の色々なバランスが崩れてしまい、母と妹が心の病になりました。

私が成長とともに、だんだんと体の調子が安定し、母や妹の病も克服。
ようやく家族のバランスが整ってきたと思っていたのもつかの間。

高校2年生の時。
今度は父親が職場の人間関係が原因で重度の精神の病を患いました。
家庭は真っ暗になり、自殺未遂など人格まで変わってしまった父を目の当たりにし、
「もうこの人は自分の知ってる父親では無い。」と、どこかで諦める事にし、家にも帰りたく無いと思う日が続きました。

入退院も繰り返すようになり、父は仕事も続けられなくなりました。

それまで父は公務員として真面目に働いていた人で、体は健康体そのもの。
絵にかいたような安定した収入と、ゆとりがある生活。
母と妹、私の体調が落ち着いてからは、ここからは「幸せな、ごく平凡な家庭」の暮らしが続いていく事を家族の誰もが想像していました。

まさか「父親が働けなくなる」こんな未来が待っているなんて、家族の誰もが全く想像していなった事です。今まで当たり前だと思っていたモノが全て壊れました。

父親・男性が働き、家庭を支えるのが当たり前?
そんな当たり前だと思っている事も崩れる事があるんだ。

【この世には、当たり前の事なんて何一つ存在しない】という事に、高校生の時に早くも気付き始めていました。

居場所を探して部活動に打ち込む

 

弓道

 

家庭環境がボロボロになっていたのを機に、高校で入部していた弓道部での活動に打ち込むようになりました。
家に帰りたくないのもあり、遅くまで残って練習をしたのを覚えています。

私の通っていた高校はあまり素行が良くなく、唯一弓道部が文武両道を目指し、活躍している部でした。

部室には歴代の先輩方が活躍した証の賞状が壁一面に飾られ、大会には常に3位以内で表彰されるのが『当たり前』の環境でした。

学校全体で弓道部の成績を守ろうと、顧問の先生も単なる”担当の先生”ではなく、弓道五段の実績を持つ凄い方が顧問でした。

その結果、私も地区大会の優勝や、インターハイ出場する経験をさせて頂きました。

インターハイ出場するまで、本当に色々辛い事や悔しい事も経験しました。

この3年間の部活動の中で私が学んだことは

成果が出るor出ないは、最終的には自分との闘いという事と、
】と【環境】の大切さでした

あらゆる美容メーカー商品を扱う美容部員として

 

化粧品

 

高校を卒業後、美容部員として働き始めました。

メーカー所属の美容部員では無く、『大手メーカーの商品やサービスを複数を取り扱っていた会社の美容部員』として就職しました。その為、ひとつのメーカーに偏らずに365日様々な美容・化粧品に触れることができました。

入社して3か月。まだまだ見習い期間と言って良いような時期に早くも店舗のビューティー部門の責任者に就任しました。

「ポストの空きを埋めたい。あなたは、新人には見えないから、大丈夫!!」という、
かなり無茶振りとも言える会社からの通達に、

 

出来るか?出来ないか?の前に、

とりあえず何でも良いからやってみよう!

と思い
「はい、わかりました。やってみます!」と即答して引き受けました。

私は、化粧品が好きになり、メイクも大好き、美容の仕事に就くことが出来た自分にとっても満足していましたし、充実していました。

予算に対しての売上達成率や、前年比に対しての達成率が全店1位になり、
それを半年間連続で達成し、仕事が本当に楽しくなっていました

しかし、美容部員として勤務を始めて3年ほど経った頃から、化粧品を販売する事で売上を出すという事に情熱が冷めてきてしまいました。
お客様に触れ、サービスでメイクをした時に喜んでもらえる事の方が化粧品が売れた時よりも生きがいに感じている自分になっている事に気付いたからです。

もっとメイクをきちんと勉強したいと思い、休みの日にスクールに通い始め、2年後に販売員から、ヘアメイクの技術で仕事をするという、夢を叶える事ができました。
都内のヘアメイク専門サロンでヘアメイクアップアーティストとして、デビューしました。

ヘアメイクアップアーティストという枠を超えて

メイクシーン2

サロン勤務とフリーランスを経験し、一般の方やブライダルの現場で今まで約7000人以上の方を担当させて頂き、

美についての考え方や捉え方が変わるような数々の経験をさせてもらいました。

フリーランスの活動を始めた頃に、ある方との出会いで運命がガラッと変わり始めます。

私が25年間生まれ育った群馬県前橋市。

母を含めた地元の女性に、笑顔でキラキラ輝いてもらいたい!その想いを形にする為に、2015年1月

『第1回 ビューティ・コンサートin前橋』を開催しました。

その頃の私は、イベントの出展もした事も、行ってみた事もなく、ど素人です。

初めて訪れたイベントで、責任者の方にご挨拶し、今度出展してみたいと思っている意思を伝えに行くと、
「各地域で実行委員長として、主催をしてくれる人を探しています。やってみませんか?」

と言われ、まさかの展開にビックリしましたが、

その場で
「はい、やってみます。」と、答えました。
やると、言ってしまったので、もうやるしかない!
起業して活動している群馬の知り合いほぼ0からのスタートで、約8か月後に『ビューティ・コンサートin前橋』を開催しました。

ビューティ・コンサートin前橋 公式ブログ
IMG_1837
IMG_1846

私の想いに賛同してくれた方々に助けられ、約300名の動員することが出来、初開催で大成功できました。

しかし、大成功したものの、一人の力の限界に気付き、起業についての方向性など課題や悩みの壁に直面します。

私には「世の中を変えたい!なんて、無理な話だったのか?」と、挫折仕掛けていた時に、また運命の出会いが訪れます。

現在の師である尊敬するメンターと出会い、今まで悩みモヤモヤしていた事がみるみる解消していきました。

現在の活動

 IMG_7599
現在は、このメンターの元で学びながら
家族の為の人生だけでなく、
自分らしい人生を送る土台を作り、
自律した稼げる社会起業家として
本気で成幸したい女性をサポートする為のビジネスプロデュース、ハーブティー卸事業、
究極の相互支援&成長型の起業家コミュニティ「ままてらす」のプロジェクトチームメンバーとして
 毎月、全国各地で交流会やイベントの
運営や企画、主催などさせて頂き

「稼げる社会起業家」を目指す女性起業の交流、育成の環境を作る活動をしています。

IMG_7590

 

IMG_7616

東京の「ままてらす」での活動をしながら、かつて『ビューティ・コンサート前橋』で一人の限界に直面しやり続ける事の出来なかった、

地元群馬の女性を輝かせる!というのを諦められず
「ままてらす@群馬支部」を立ち上げ、そこから前橋、館林、埼玉、栃木と、拡がり続けています。

起業家の「起」の字も無いような状態だった私が、成幸者の「当たり前」に触れ、
急加速で、私自身の存在やビジネスの存在が、全国に認知できるきっかけを作り、本来の自分を出せる場所と環境になったのがこの「ままてらす」です。

 

ままてらすを通じて、福岡、大阪、千葉、宮崎、大分、京都など全国に仲間の輪を広げています。

ままてらすホームページ
http://www.mama-terrace.com/

 

きっかけは「母」

私が「女性の理想の生き方」について考えるきっかけになったのは母でした。

「自分の人生」というのを真剣に考えて日々向き合えている人は意外と少ないです。

特に女性は家庭を持ち、子供が出来ると、支えていく側に徹して、「誰かの人生」の上で成り立ってしまっている事があります。「自分自身の人生」という考えをどこかに置き忘れて生きてしまっている状態です。私の母も正にそうでした。

私が高校生の時に父が病気になり、母が家計を支えるようになって13年が経った頃。

必死に働いてきた母に定年が迫り、「定年したら、好きな事して自分の時間を作ってみたら?」と、提案した私に母から返って来た応えは

「そんな事言われても、自分は何をやりたいのかがわからない。そんな事長い間考えて来なかったから」

この言葉が、私に衝撃を与えました。

自分の母親は「自分自身の人生」というものが見えないのだと、とてもショックを受けたのです。

そして、今私が活動している「ままてらす」に出会った時に、
ままてらすに関わる最大のベネフィットは・・・「ママみたいになりたい!」と言われる事!という言葉が胸に刺さりました。

私はまだママではありませんが、この言葉を聞いた時に母に対して自分が感じていた歯がゆさと、繋がりました。

今まで父の事もあり、家計を支えてくれていた母には感謝もしていたし、愛していたし、尊敬もしていました。

でも、
母みたいな人生を歩みたいたいか?

これは、私にとって別問題でした。

私はそれは、嫌だったのです。

母には申し訳ないと思いつつ、尊敬していたと思っていた母みたいな人生を実は自分は歩みたいとは思ってなかった。
そんな自分に気付いたら、私自身もショックでした。

母も

「お母さんと同じような道は歩まないで、あなたは幸せになって」

的な発言をよくしていました。

母の子を思う愛ゆえの言葉だと思いますが、これは子供からすると

「お母さんは幸せじゃないの」

と、言っているようなものなんですよね。

しかし、世の中のお母さんたち、似たようなこと言ってる人は結構多いのです。

「あなたには、幸せになってほしい」

言葉に秘められた力や想いは大きいです。

”あなたには”という言葉の裏には、

(自分は自分の夢や、生きがいや、自分らしく生きていく、”私自身の人生”を諦めたけど。もうやり直せる歳じゃないし、そんなエネルギーもやる気も無いし。だからお母さんはダメだったけど、あなたには幸せになってほしい。)

って、言ってるのと同じって気付いてますか? これ、子供からしたらとっても悲しいです。

私は、ままてらすや、メンターと出会い
”起業家として成幸できる人は、こんな人!!!”
というのを目の当たりにしました。

一言で言うなら、「使命に生きてる人」

何のために自分は生まれてきて、何にこの大切な命を使って人生を生きるのか?
やりたい!こうなりたい!目指したい!と思っていることに諦めずに挑戦し、成長し続ける人。

凄くシンプルで、凛としていてかっこいい。

 

「私も使命に生きたい!!」  そう思いました。

 

自分の母がもしこんな在り方で、こんな生き方していたら、、、

「お母さんみたいな人生、歩みたい!お母さんみたいな生き方したい!
お母さんみたいになりたい!!」

って、心から思っただろうな。

私は、自分の夢・ビジョンは、叶えるまで諦めず目指す人生にしたいと思いました。

私がそうなる姿を背中で見せて行く事で、母やいつか生まれるかもしれない自分の子供に、妥協や諦めでは無く本当に自分自身が望む
「自分自身の人生を生きる」という事を伝えていき、みんなそうなれる可能性を持っているという事を伝え、手に入れてほしいと思っています。

 

女性が笑顔でいるという事は、家に太陽があるという事。

理想の人生を送る女性の笑顔が増えれば、きっと世の中は素晴らしくなると、私は思っています。
そして、そんな活き活きと輝く大人が当たり前のよう増え、その背中を見て育った夢を持った子供達がこれからの未来を作っていく。そんな世の中にしたいと思っています。

 

 

ままてらす プロジェクトメンバー

愛されながら旦那より稼ぎたい人専門  成幸ビジネスディレクター

葵 美幸

ミッション・ビジョン

ミッション

ママや女性が真の自立と調和を手に入れて「自分自身の人生を生きる」という事を伝えていく。

ビジョン

生きがいと言えるビジネスで家族を養える自立を越え、子供に「あなたも幸せになって」と心から言える、志高い社会起業家1万人作り、日本をセルフイメージの高い国にする

経歴・実績

葵 美幸(あおい みゆき)
BIOSia(ビオシア)代表者

職種:ヘアメイクアップアーティスト・ヘアメイク講師・コンサルタント
出身地:群馬県前橋市
血液型:O型

資格

  • JMA 日本メイクアップ技術検定 1級
  • NPO法人 認定メイクセラピーガイド
  • 花鳥風月スタイル診断協会 認定アドバイザー

主な経歴

  • 2004年
    高校卒業後、ドラッグストアに入社し、化粧品販売のビューティ部門に配属。日本4大メーカーの取り扱いに伴い、各メーカーの研修を経験。
    入社後3ヶ月で店舗のビューティ部門責任者に就任。
  • 2008年
    メイクアップ技術の更なる向上を目指して休日を利用しヘアメイクスクールに通い始める。

 

  • 2010年
    認定メイクセラピーガイド、JMAメイクアップ技術検定の資格取得を機に、都内のヘアメイク専門サロンに転職。
    化粧品の販売業から技術職のヘアメイクアップアーティストとして歩み始める。

 

  • 2012年
    ヘアメイクサロン副店長に就任。

 

  • 2014年4月
    副店長を辞任し、サロン勤務と併せてフリーランス始動。
    式場での新婦ブライダルヘアメイクの担当や、出張ヘアメイクなどを開始。(2017年現在、約7000人以上のヘアメイクを担当)

 

  • 2014年5月
    地元、群馬県前橋市でのビューティイベント「ビューティ・コンサート前橋」を主催し、地域実行委員長として動き始める。

 

  • 2015年1月
    『ビューティコンサートin前橋』を初開催で約300名の動員に成功

 

  • 2015年4月
    「ままてらす」を通じてメンターとの出会い、ビジネスがブラッシュアップされていく。
  • 2015年 11月
    「ままてらす群馬」を立ち上げる

 

  • 2016年1月
    Amazonにて著書を出版『メイクアップのランキングで第一位獲得』

葵美幸_トータルメイクアップナビゲーター_書籍・著書(アマゾンランキング第1位!)

 

 

メンターからの教えを元に、ビジネス成幸のマインドやノウハウを習得レベルを徐々に上げ、

マネージメントを実践で学ぶ。

個別相談、個別セッション、グループセッションの現場実績を積み重ね、コンサルタントとしてデビュー。

  • 現在に至る